趣 意 書
会津は石部桜、薄墨桜、虎の尾桜、杉の糸桜、大鹿桜の五桜、太夫桜、千歳桜、神代桜のうちの2つを加えた七桜、
鶴ヶ城の桜、などに代表されるような桜の郷です。
しかしながら、会津の桜観光には数十万の人出ですが、弘前の桜祭りには200万人以上の人出で賑わうそうです。
その差は、桜の本数と維持管理にも一因があるかもしれません。
鶴ヶ城の桜は約千本といわれていますが、弘前城は四千六百本余と四倍以上と大差です。
弘前城では、防除、補植などの管理が通年行われており、城郭の桜「日本一」いや「世界一」と自負するだけのことは
あろうかと思います。
駐車場は、市役所周辺にごく僅か、後は約2km近く離れた岩木川河川敷の無料駐車場とアクセスは悪いにも
かかわらず、200万人以上の人出です。
そこで私達は、鶴ヶ城を弘前城に次ぐ「世界第二」の城郭の桜の名所にしたいと考えました。
弘前城に学び、『心のよりどころ』鶴ヶ城を桜で一杯にしたいと思うのです。
多くの人がカを合わせ、鶴ヶ城を桜の園にしたい、新しい会津の歴史と伝統を作っていきたいと考えています。
また、会津の漆は蒲生氏郷の時代に根付き、松平時代の名家老田中玄宰(はるなか)の殖産政策により興隆し、
会津塗りとして発展してきました。
しかしながら、今会津の漆はごく僅かしか生産されていません。主に外国産の漆に取って代わられています。
漆の木は、その樹液が漆器に塗られ、実を絞るとろうそくの原料となる漆蝋(うるしろう)がとれます。
そのため、会津藩では重要な産物として、山役所に漆木役(うるしぎやく)を設け、漆の栽培を奨励していたほどです。
明治維新後、山林の多くは国有地となり、会津藩の保護制度も無くなり、漆の栽培は急速に衰退しました。
その衰退を危慎した会津の偉大な先達『初瀬川健増』(1851〜1924)は、「漆蝋制度秘書」を著し、漆の有用性を説き、
さらに「漆樹栽培書」によりその普及を図りました。健増の栽培昔及は、日本はもとより国外にまで及んだそうです。
そこで私達は、会津の漆器と絵蝋燭を会津産の「漆の木」で作りたいと考えました。初瀬川健増に学び、会津の山の谷
に漆の木を植栽し、15年後の漆と漆蝋の成長を実現させたいと思ったのです。
会津本漆と絵蝋燭を地産のもので再興し、新しい会津の歴史と伝統を作っていきたいと考えています。
同様に藍・棉の栽培を進め、藍染め・会津木綿の再興にも取り組みたいと思っております。
背灸山や小田山・青木山の自然を保全し、児童の自然環境体験、多世代間交流、林間学校などの活動もしたいと考えて
おります。
これからの会津をになう次世代に、新しい歴史と伝統を育み、伝え、希望の光差す会津を作りたいと切に思うものです。
この趣旨にご賛同の上、会員としてご加入いただき、ご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。
NPO法人 はるなか  理事長 : 佐藤 光信
〒965-0876 会津若松市山鹿町 1-10  日本精測株式会社内
TEL 02422-26-3269 FAX 0242-28-6428